モビットのカードローンは10秒で申し込みから仮審査まで完了

モビットは、俳優の竹中直人さんによるテレビCMがあまりにも有名となりましたので、モビットが元気な企業の代表と思われるようになっています。

こうした企業のイメージCMは、ソフトバンクの白土家を皮切りに、BOSSコーヒなどでも成功していますので、モビットのブランドを上げるきっかけにもなっています。

モビットが企業イメージに執着する背景には、過去の経緯があるようで、現在は三井住友銀行グループとなっていますが、以前は三菱東京UFJ銀行の合併前のUFJ銀行が発端となっています。

当時のUFJ銀行では、カードローンのサービスを始めるのにあたり、UFJ銀行でカードローンを取り扱うのに問題があったため、UFJ銀行直営のモビットを立ち上げることとなりました。

しかし、UFJ銀行が三菱東京銀行と合併することになり、三菱東京UFJ銀行では銀行としてカードローンのサービスを行うことになっていましたので、止む無くモビットを身売りさせることになりました。

モビットのカードローンは、旧UFJ銀行カードローンのサービスを受け継いでおり、同時に三菱東京UFJ銀行カードローンも同じ流れを組んでいますので、モビットとバンクイックのスピードキャッシングの要因となっていることがお分かりになるでしょう。

モビットのカードローンの特徴は、一切店舗を保有せず全てインターネットを利用してサービスが受けられるようになっている点です。

また、モビットのカードローンの契約は、たった10秒で申し込みから借り審査まで完了するスピードキャッシングが大きな特徴となっています。

このページの先頭へ