大抵のカードローンでは上限の金利と下限の金利とでは幅がある

必要なお金が不足しているために、必要とするお金を借りることをためらっている人も多いのではないでしょうか。

カードローンやキャッシングなどの小口融資サービスを利用したくない理由として、過去のサラ金による悪質な貸付や取り立てなどの悪いイメージか強くあるほかにも、キャッシングなどでお金を借りると金利が高いため、後々の返済が大変なことになってしまうことを懸念する人が多くあります。

一般的にカードローンの金利は、キャッシングの金利よりも遥かに低い設定となっていますが、住宅ローンやマイカーローンなどの融資に比べると、高い金利となっています。

銀行が融資する住宅ローンなどでは担保が必要となるほかにも保障人が必要となるため、ハードルが高い分、金利が抑えられていますので一般の人でも借りやすいものとなっています。

同じ銀行が融資するカードローンでは、キャッシングと同様に無担保で無保証人でお金を借りることが出来るようになっています。

カードローンの金利は、銀行カードローンであれば4%から12%でお金を借りることが出来るようになっています。

大抵のカードローンでは、上限の金利と下限の金利とではスケールに幅が持たされています。

カードローンの金利幅は、既に取引のある顧客では、低い金利設定となりますが、初めてカードローンを使用する場合、上限の金利設定となっていることが多くあります。

また、インターネットからの申し込みでは、金利が低くなるように設定されていることが多くあります。

このページの先頭へ