様々な付加価値を持たせたカードローンが競争

バブル絶頂期の我が国において、直ぐにお金を用立てないといけない立場となったとき、サラ金からお金を借りるキャッシングが一般的でしたが、現在ではカードローンがキャッシングに代って私たちの生活の中では必要不可欠なものとなっています。

カードローンをサービスする金融機関は、主に銀行となっているため、豊富な資金力と全国ネットのインフラを活用して、キャッシングには無かったサービスを展開するものとなりました。

カードローンが誕生した当時は、カードを使ってお金を借りるサービスのみでしたが、競争が激しい現在においては、カードローンをサービスする金融機関が多様な付加価値を持たせたカードローンが多く存在しています。

中でも注目されているカードローンとしては、大手スーパーのイオンがサービスするイオン銀行カードローンの主婦専用カードローンとなっています。

通常、カードローンを利用するためには一定の収入が必要となるため、学生や主婦の場合、カードローンを利用することは困難とされていましたが、イオン銀行カードローンであれば、利用限度額が30万円に抑えられてしまいますが、専業主婦でも自らの名義でカードローンを使うことができるものとなっています。

また、カードローンは、一般個人向けの小口融資となっていますので、事業者は利用することはできませんが、シンキやビジネクストがサービスするカードローンであれば、資金調達のための目的でカード炉辺を利用することができるようになっています。

このページの先頭へ