各業界からのカードローンサービスへの参入が続々と増えてきた

最近利用が増えているカードローンですが、キャッシングと誤解している人も多くあるようです。

しかし、カードローンは、金融規制緩和において、個人向けの小口融資が自由化されたことを受けて始められたもので、この小口の融資サービスには消費者金融だけでなく、銀行をはじめ流通業界からもサービスへの参入が行われています。

キャッシングは、和製英語として使われており、お金を借りると言う意味を持っています。

ただ、キャッシングは過去にサラ金問題が大きな社会問題としてあげられたことから、キャッシングの利用を敬遠する人が多くなっているようです。

そこで、新たに小口融資のサービスに参入した銀行では、カードによる貸付サービスを展開することになりカードローンが誕生したと言われています。

カードローンをサービスする業者は、現在、そのほとんどが銀行となっており、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックはテレビCMでもすっかりおなじみのカードローンとなっています。

銀行カードローンは、メガバンクを中心に系列の地方銀行や信用金庫などが系列メガバンクのカードローンを取り扱うケースが多くありますが、中には大手信用金庫などでは独自にカードローンのサービスを展開していることもあります。

また、最近話題のネット銀行においてもカードローンを取り扱うケースも多くあり、大手メガバンクのカードローンよりも低い金利となっています。

その他にも、イオンのような流通業界からもカードローンサービスに参入しており、専業主婦や女性をターゲットにしたサービスが展開されています。

このように各業界からのカードローンサービスへの参入は続々と増えてきたのですが、これからも参入業者が増え続けるとともに競争がますます激化するのではないでしょうか。

このページの先頭へ