次第に無計画になりがちなのがカードローンのデメリット

カードローンは、契約時に決めた利用限度額の範囲であれば、手続きを必要とせずに何回でもお金を借りることができますので、接待などで忙しい営業マンにとっては強い味方となるのではないでしょうか。

しかも利用限度額も、下限は数万円から上限に至っては500万円から800万円と高額な設定ができるようになっていますので、安心してお金を借りることができるようになっています。

銀行などがサービスしているカードローンでは、総利用規制の対象にはなっていませんので、自分の収入に見合っただけの利用限度額を設定することができます。

このため、カードローンを利用するうえで、自分が必要とするお金のみを計画的に借りていれば問題はありませんが、しかしカードローンの利用に慣れてしまうと次第に無計画にお金を借りてしまうことが多くなりがちです。

銀行が発行するカードローンでは、カードローン単独でカードを作ることもできますが、自行のキャッシュカードを保有している場合、キャッシュカードとカードローンを兼用できるカードもサービスされています。

このため、カードローンを使って銀行ATMでお金を借りる場合でも、キャッシュカードで自分の口座からお金を引き出す行為と全く同じになるため、お金を借りていると言う意識が薄れてしまうことがあるようです。

自分が設定した利用限度額いっぱいまでお金を借りてしまい、実際の返済ではカードローンの返済に追われることになってしまいますので、カードローンの利用はキャッシング以上に注意が必要となってきます。

このページの先頭へ