銀行カードローンは低金利がメリット

今巷で話題のカードローンは、最初にカードローンの申し込みと契約を済ませてしまえば、あとはカードローンのカードを使ってお金が必要なときに必要なだけお金を借りることができるものとなっています。

消費者金融がサービスのするキャッシングの場合、お金を借りる都度に申し込みする必要がありますが、カードローンではそのような手間は必要ないのです。

現在サービスされているカードローンの多くは、銀行がサービスするカードローンとなっていますが、銀行の資金力を生かして最高借入限度額が500万円以上となっていることが多くなっています。

また、金利においてもキャッシングの平均的な金利が15%から18%に対して、銀行のカードローンは概ね4%台となっていますので、お金を借りた後の利息においてもカードローンが圧倒的にお得になってきます。

しかも、銀行のカードローンであれば貸金業法や総量規制の適用を受けることはありませんので、他にも借入がある場合や収入以上の借入限度額を設定したい場合などは、銀行の審査さえクリアできればカードローンが使えるようになります。

カードローンでは、実際にお金を借りるシーンにおいても、銀行カードローンは勿論のこと消費者金融や信販会社のカードローンにおいても銀行と提携していますので全国の銀行ATMを利用することができますので、例え地方に出かけていたとしても銀行のATMさえ見つければカードローンを使ってお金をかりることができるものとなっています。

このページの先頭へ