貸金業法の制定でキャッシングなどの上限金利の設定や総量規制が設けられた

消費者金融がサラリーマン金融ことサラ金と呼ばれていた時代においては、銀行の融資などの取引に関する法律や規則が設けられていましたが、サラ金業者が貸し付けるキャッシングには、法律や規則・規制が設けられていませんでした。

このため、サラ金業個々に貸付の規約などが設けられることになり、悪質なサラ金業者になるとお金に困っている人の弱みに付け込んだ契約を交わされることも実際にありました。

特にキャッシングの金利についてはね何の法律や規制がなかったために、現在では考えられないような高金利での貸付が平然と行われていました。

サラ金からお金を借りると全てを失うというほどまで言われ、

サラ金地獄と言う言葉が示すように大きな社会問題まで発展しました。

その後、貸金業法が制定されることになり、貸金業者が貸し付けるキャッシングなどにおける上限金利の設定や多重債務の防止のための総量規制が設けられるようになりました。

ここで、カードローンをサービスする業者は、消費者金融のほかにも銀行や信販会社からもカードローンのサービスが提供されるようになりました。

中でも銀行のカードローンは、金利も低いうえに銀行のネームバリューから人気が高くなっています。

銀行がサービスするカードローンは、金利や上限金利の違いはありますが、消費者金融のカードローンと同じサービスとなっていますが、銀行のカードローンは貸金業法や総量規制の対象にはなっておらず、カードローンを契約する銀行の約款に委ねられています。

このページの先頭へ