金融規制緩和を契機にしてカードローンのサービスが始まった

カードローンは、現在の私たちとの生活の中に溶け込んでおり、カードローンのカードを1枚は持っている人も多いのではないでしょうか。

よくカードローンとキャッシングを取り違える人もありますが、どちらも個人向けの小口融資のサービスですが、カードローンは、その名の通り銀行のキャッシュカードやクレジットカードと同じくカードローンを使うためのカードが発行されるものなっています。

カードローンの起源は、キャッシングと言うことになりますが、カードローンが始まったのは金融規制緩和によるビックバンと言われていた時代にサービスが開始されましたので、つい最近の出来事になります。

我が国で最初にカードローンのサービスを開始したのは、現在の三菱東京UFJ銀行が合併する前のUFJ銀行、このUFJ銀行の前身である三和銀行が1978年にサービスを展開したのが最初でした。

同じく、UFJ銀行の前身である東海銀行においても、東海銀行の子会社であるミリオンカードからカードローンのサービスが展開されました。

当時は、キャッシング全盛時代にあって、カードローン自体の知名度は低く銀行もあまり力をいれなかったこともあり、本格的に普及するようになったのは三菱東京UFJ銀行となってからです。

三菱東京UFJ銀行では、カードローン専門会社を立ち上げて本格的に運用を検討していましたが、モビットの事業が軌道に乗らず三井住友銀行に譲渡することになりました。

しかし、三菱東京UFJ銀行では、UFJ銀行の時からのサービスであったカードローンの「バンクイック」を再びリニューアルして今ではトップのカードローンとしてサービスを展開しています。

このバンクイックというカードローンは、提携コンビニも含めた全国のATMで利用できるもので、利用手数料も無料となっているという大変便利なサービスになっています。

最近では各地の地方銀行も続々とこのカードローンの融資サービスに参入して来ています。

このページの先頭へ